情熱

どうやら更年期らしい、と自覚してから数年が経つ。
言いたくはないんだけど、そういう年だ。
(・・・あっ、ここに来てくれてる人は皆、知ってるけど^^;)

その更年期のせいにしてはいけないのかもしれないが、
最近なかなかやる気が出なくて困っていた。
やる気になろうとしても、根気がない。
パワーがないのだ。

疲労感、倦怠感、やる気が出ない、憂うつ感、イライラ、
そんなものによく襲われている今日この頃。

そういう時期なのだから仕方がない、
できるだけ無理をしないように、
と心掛けているけれど・・・


でも、人間相手、子供相手の仕事で、
やる気が出ないというのは、かなりマズい。

センセがやる気が出ないとね、生徒に伝わるんです(>_<)
これは絶対に言えていること。

あっ、レッスンそのものをやりたくないわけではないし、
やる気なさそに、嫌々レッスンしてるわけじゃない。
きちんとやってますよ。
(ホントですってばー)

情熱がね、足りない。

音楽そのものに対する情熱。
指導するという情熱。
音楽を教えるという誇りや喜びみたいなもの。

たとえば、同じ音楽を聴いても、
その曲が自分にとってモノクロでしかないのか、
それとも、感情や風景や、
いろんなものがいっぱい詰まった魅力あるものに
感じられる自分なのか・・・。

どちらかというと、最近の私は、
以前ほど、音楽に色彩が感じられなくなっていた。

センセに情熱が足りないと、
いくら取り繕ってきちんとやっているつもりでも、
生徒に伝わってしまうらしい。

心から感じないと、心は伝わらない。
こちら側のテンションは、生徒に様々な形でうつる。

センセだって人間だから、
なかなかそんな理想どおりにはいかないんですってば。
仙人みたいにはなれない。

でもね、”お仕事”なんです。
私の仕事は、音楽を教えること。
音楽は感性の世界。

理想どおりになんていかなくていい。
完璧になんてできるわけもない。
イライラして、ヒステリックなセンセになる時だって・・・あるサ!(開き直り)

でも、
センセはボルテージが高くなくちゃいけない。
ちょっとしんどくても、
テンション上げて、情熱を持ち続ける努力をしなくちゃいけない。

情熱を失ったら、
この仕事を続けていく資格はないんだと思う。

情熱を持ち続けなくてはいけない、
愛がなくてはいけない。
私の仕事はそういうお仕事です。

きれいごとに聞こえてしまうかもしれないけれど、
”情熱”というと、ちょっと大げさになってしまうけれど、
でも、本当にそう。

当たり前のことだけど・・・
あらためて思ったら、ちょっと元気出てきた。
[PR]

by ramnon | 2008-02-01 14:11 | 仕事
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30