結婚式

今日はお隣の息子さんの結婚式だった。
結婚式に出るのなんて、久しぶり。
昼間からビールを飲むのも久しぶり(笑)

実は、私は今年から”組”デビューした。
組というのは、都会だと町内会みたいなもの。
私の住んでいるところは、町というより、村だ。(笑)
一軒を構えているものの、実家と近くということもあって、
独り者の私は、今まで組の行事などには参加しなくてもいい扱いだったのだが、
今年から、ちゃんと加わってもらおうということになったらしい。

手始めは、先週の日曜日の草取り&道路清掃。
そして、今日は”組内”として、結婚式に呼ばれた。
ウチのほうは田舎なので、殆どが昔からの家。
長男の結婚式には組内が呼ばれる。

組内のテーブルは男性ばかり。
小さい頃から知っている同世代が殆どだけど、
ご近所づきあいしない私にとっては、なかなか慣れない場所だ。
でも、耳を傾けたり、ちょっと話に加わったりすると、
なかなか面白い。

先週の掃除もそうだったんだけど、殆ど男性ばかりで、
話し相手がいなくてつまらないようでいて、
逆に気が楽なシチュエーションだ。
正直に言って、
独身女にとって、逆に同世代の女性(主婦)の集団は、気が重い(^^;

近所の一つ年下のKくんの息子さん(高校生)がサッカーがうまいということは
以前から聞いていたが、話を聞いてびっくり。
なんと某プロサッカークラブに所属していて(ジュニア)、
なんだかの日本代表だということ。
 (調べたら、U16の日本代表候補のトレーニングキャンプのメンバーだった。)
もちろん、ご近所では有名な話らしいんだけど・・・
そんなことも知らなかったなんて、
なんと地域社会と無関係で生きてきたんだろう(^^;
そのうちJリーガーになって活躍してくれたら嬉しいな。

d0152319_16405072.jpg


結婚式はとてもいい結婚式だった。
お隣の息子さんは、それはいい息子さんだ。
若いのに、とても苦労をしてきているので、
本当によかった、と、心から思える結婚式だった。

花束贈呈でとめどもなく涙を流したのは彼で、
それまで賑やかに場を盛り上げていた地元の消防団の若者たちが、
ボロボロともらい泣きしていたのを見て、思わずもらい泣き。
その涙を流すまでのこれまでの苦労を、彼らも知っている。

ココロは”見てくれ”じゃない。
心の痛みが分かるとか、本当の優しさとか、
人に大切なもの、若いおにーちゃんたちが見せてくれた。
[PR]

by ramnon | 2008-07-12 16:41
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31