いい感じです

仕事の話です。
長いです。
散文的です。
ダラダラです。
・・・あしからず(^^;


とりあえず今の課は、
9月いっぱいまで一ヶ月という約束だったんだけど、
引き続き3月まで契約を伸ばしてほしいと頼まれ、
12月まで契約を伸ばすことにした。
(3月まででもいいんだけど、様子を見たいので)

一ヶ月が過ぎ、二束のわらじ生活にもすっかり慣れた。
明らかに以前のスーパーでのパートよりも、
拘束される時間は長いのだけど・・・
こちらの仕事のほうが自分に合っているのだろう、
生活のリズムは、本当にすぐに慣れた。



若い時から、何を勘違いしたのか、
”普通”になることがイヤだった。
”人と同じ”がイヤだった。
だから、少しだけ得意な音楽の道に進もうと思った。

そんなに音楽がやりたかったのか?と言われたら、
実は違ったように思う。
すごく得意だったわけでもない。
ただ、何か人と違ったこと、
打ち込めるような、特別なことがやりたかった。

一般的ではない職業、
一般的ではない時間帯の仕事。
自分の好きなことを手に入れられたのは、
本当に幸せなこと。

wakuさんではないけれど、
なりたい自分になったのだ。

そんな生活を長く続けていると、
勝手なもので、
今度は一般的な生活に憧れるようにもなった。


今、その一般的なお勤めがすごく新鮮だ。

朝、出勤する感覚。
夕方、仕事が終わる感覚。
そんな、たぶん当たり前であろうことが、
新鮮で楽しい。
他の人々と同じような体験ができる心地良さ、
とでも言ったらいいんだろうか?

以前、事務の仕事やスーパーで働いた時も、
新しいことへのワクワク感はあったけれど・・・
なんていったらいいのかな?
ピッタリと肌に馴染むような、
穏やかな新鮮さ。

たぶん、比較的大きなオフィスで
働かせてもらっているからなのだと思う。
その職場の空気そのものも楽しめている。

しかも、家に帰ってきてからレッスンをするのも楽しい。
今までよりずっと楽しい。
二束のわらじがちっとも苦痛ではない。
 (ただ、自由になる時間が殆どないのと、
 睡眠時間が少ないのがたまにきずなんだけど・・・。)

ま・・・この気持ちがいつまで続くか分からないけどネ(^^;
要するに、”まだ新鮮”だから、なのだと思う。

本当につくづく、ないものねだりというか、
”人間”って・・・

いや、違うな。
”私”って、わがままな生き物だと思う。

この嬉しいような感覚は、
高校生の時に初めてバイトして、
大人の仲間入りをしたような気持ちになった時や、
初めて某音楽教室の講師になった時の気持ちに
似ているのかもしれない。

来年には大台に乗ろうという年齢で、
この感覚は、
もしかしたら、すごく幼いし、
なんだかとても甘っちょろいし、
いくつになっても成長できていないということなのかも
のかもしれないけれどネ(^^;


こういう気持ちになれる職場で働けるようになって、
しかも自分がやりがいを感じられる仕事(本職)もあって、
これはきっと、すごく幸せなことだと、つくづく思う。

同じ環境の中で、初心に返ることの難しさ、
新鮮さを失わないことの難しさ。

そんなこと、もともと無理なのかもしれないと思うと、
どこかで、変化をつけていく必要があるということか。
それは、仕事だけじゃなくて、
たぶん、遊びも、勉強も、
いろんなことを含めて・・・。

若い時はそんなふうに日々を過ごしていた気がする。
今頃、思い出した。

でも、そうしたくても、
時間的にも環境的にも、精神的にも、
できない時もあるしね。

前向きになれない時があってもいいし、
前向きなこと、明るいことをよしとするみたいな考え方、
最近、あんまり好きじゃないし、

でも、
もう若くないって思う必要もないし、
今からできることだって、たくさんあるということだし、
いくつになっても新鮮さは感じられるし、
ワクワクもできる。

やっと、またそんな時期がめぐってきた予感。



あ、そうだ!
センスを磨きたいみたいなこと、書いちゃったけど、
今のところ・・・

ユニクロ万歳!(^^;
[PR]

by ramnon | 2008-10-07 19:12 | 仕事
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30