カテゴリ:雑記( 5 )


不採用

昨日、事務のパートの面接に行ってきた。
小さな事業所で、事務兼、一人でお留守番、という感じらしく、
その気楽さが気に入って、
採用されたらいいな、と思っていた。

でも、ほのぼのとした面接で、好感触ではあったけれど、
なんとなく、直感的に採用されないような気配も漂っていた。

「後日、連絡します。」と言われ、
いつどのような形で、連絡が来るのかな?と思っていたら、
もう今日、郵送で、「残念ながら・・・」の通知が来た(^^;
はやっ!

年齢的にも経験的にも、事務を望むのには無理があるから、
ダメもとだとは思っていたけれど、
やはり、少しは凹む(--;
条件的なことが、自分にピッタリだったからなぁ・・・。

でも、ほんのちょっとの凹みです。
そんなものにへこたれてはいられない。

たぶん、昨日やその前にも、面接をした人がいるんだろう。
比べて落とされたということは、
経験的なことか、年齢か、はたまた印象か・・・
そのすべてかもネ(^^;
応募が他にないのに、不採用だったとしたら、
よっぽどお気に召さなかったということだけど(^^;

まぁ、それは仕方ないとして、
ちょっと甘く見ていたかな?という感もある。
パートとはいえ、心構えが気楽すぎるのが、バレちゃったかな?という
気もしないではなく・・・。
もっと真摯な気持ちで望まなくては、と大きな反省点になった。

とにかく、こんなところでメゲてはいられない。
コンビニやスーパー、飲食業ならいくらでもあるけれど、
私はどうしても、事務がやりたいし、
まだ諦めたくない。

ハローワークのHPで、時間が夕方まででちょっとキツいけれど、
レッスンの時間に間に合いそうなのが一つあった。
時間も応相談と書いてあるし・・・。

ただ、そこはちゃんとハローワークに登録していないと
応募できないらしい。
明日、ハローワークに言って、登録してこよう。

ちなみに、今回のパートが採用されていたとしても、
労働時間が短いので、
経済的にはまだまだキツイな、と思っていた。
日曜日に別のバイトを見つけなくちゃダメかも、とも
思っていたので、
不採用でよかったのかも。
神様は、きっとちゃんと私の味方だ(^^)v

知り合いの方がパソコン教室をやっていて、
そちらのほうでも個人レッスンをお願いする事にしたし、
とにかく、もう長かった充電期間は終わり!
動き出さないと。

いい仕事、見つかりますように。
[PR]

by ramnon | 2008-05-14 20:18 | 雑記

パソコン検定

そんなわけで(下の記事つながりで)、
最近、加齢を感じる今日この頃なんですが・・・

数日前、ちょっとしたきっかけで
パソコン検定なるものを検索したら、
検定の模擬試験がダウンロードできるようになっていた。

ちなみに、パソコンを始めたのは2000年の夏、
インターネットに繋げたのはその年の秋になってから。

パソコンは好きだ。
インターネットの便利さはもちろんだけど、
それ以外の部分で、私にとってパソコンは面白い。
タイピングそのものも好きだし、
WordやExcelを使うのも楽しい。
ただし、一度も習ったことはなく、自己流なので、
間違って覚えていることもたくさんあると思う。

理系には弱いので、機械的なことは分からないし、
メカニック的なパソコンの知識は、なかなか覚えられない。

でも、パソコンを使う時も同様なんだけど(^^;
私には、破れかぶれでとにかくやってみるという習性がある(笑)

もちろん試してみました。パソコン検定。
準4級というのから始めてみた。
らくらく、合格。
上機嫌になったのは、言うまでもない(笑)
次に試した4級も、余裕で合格。
これは落ちるだろう、とトライした3級は、
Excelだけ不合格で、
その他のタイピング実技、様々な知識(ペーパーテスト式)、
Wordの実技等は、合格ラインに達していた。
Excel歴が浅いので、こればかりはしょうがないか・・・。

タイピングだけは何回かやったら、
常に100点取れるようにもなった。

もちろん、たいした級ではないんだろう。
パソコンを仕事で使っている人にとっては、
当たり前の知識というレベルのグレードなんだと思う。

それでも、私はすっかり気をよくした。

Excelをちゃんと勉強すれば、3級なら受かるかもしれない。
パソコン検定、受けてみようかな?と思ったら、
なんだかワクワク楽しくなってきた。

ずっと目標なんてなかったから、
目標ができたことが嬉しい。
さっそく、Excelのテキストや3級の問題集を注文した(^-^)

2級はちゃんとやらずに、どんな問題があるのか覗いてみたら、
手も足も出なかった。
これに受かりたかったら、相当の勉強が必要だと思った。
勉強するのも気が重くなりそうな問題ばかりだった(--;
でも、スキルとして生きるのは、この2級からなんだろうな。

で、パソコン検定3級なんて、
きっと全然どうってことのない級なんだと思うけれど、
そのレベルまでなんとか達していた自分が嬉しくなった。

「好きこそ物の上手なれ」 って本当ですね。

面白いから、使いこなしたいから、
あーでもない、こーでもないとパソコンで遊んだお陰。
思えば、パソコンを初めて購入して、
一番最初に夢中になったのがWordだった。

もう年だから、と諦めてしまったら、
何もできないよなぁ、と、あらためて実感。

今からだって、まだまだいろんなことに挑戦できる。

とりあえず、年内にパソコン検定3級を受けてみようと思う私なのでした。
[PR]

by ramnon | 2008-05-11 21:46 | 雑記

近況

各種仕事が忙しかったり、
そんな中で、ネコさんたちが避妊手術したり、
なんだか、バタバタと忙しい日々を送っております。

そんなわけで、
4月末までは、忙しさに拍車をかけることになるので、
しばらく更新できないかもしれませんが、
元気にしてます。

ネタはたくさんあったのになぁ・・・。


あ゛ー、確定申告もまだだった(--;

ちょっとのんびりしすぎちゃったみたいです、反省!
[PR]

by ramnon | 2008-03-08 02:15 | 雑記

スンダラ?

数日前の夢のお話。
とってもくだらないので、あしからず(^^:

その夢の直後に起きたので、
夢の内容を、結構、鮮明に覚えている。

場面はいとこの親(つまり伯父か伯母)のお葬式・・・?
いや、なんかメモリアル会みたいな感じなのか、
体育館みたいなところで、思い出のスライドを流している。
伯父か伯母かが分からないのは、
どちらか一人であるはずなのに、どっちも混ざる。
でも、思い出してみると、顔はそのどちらでもなかったような・・・。
昔の芸能人っぽいんだけど、思い出せない。

なぜか、甥や姪たちが、舞台に並べてある椅子に座り始め、
自分も座る。 (兄貴もいる。)
娘であるいとこはなぜか客席にいる。

スライドで流れる伯父か伯母は、
いつも笑顔で、いつも回りに多くの人がいて、
陽気で楽しい集いの場面ばかりで、
いい人生を歩んできたのが分かる。

結婚式のスライドショーみたいな感じ。
お葬式も、こういうのもいいかもしれないなぁ。

で、なぜか、武田鉄矢サンが出てきて、
なぜか、いつのまにか客席の中央にも舞台があり、
舞台の上にはピアノがあって、
テツヤ(以下、敬省略)は伴奏者を探している。

テツヤが口ずさむメロディーは、よく知った曲。
私は楽譜もないけど、弾けるかも、と即興で伴奏を始める。
曲はかぐや姫の「妹よ」
でもテツヤが歌っているので、
私は「母に捧げるバラード」のつもりになっていて、
台詞のところで、間奏っぽくメロディーを弾く。
思っているような台詞ではなかったけれど、
(だいたい「妹よ」に台詞はない。)
テツヤは何かそれらしいことを喋ってた。

歌い終わった後、テツヤが私を絶賛する。

「こんなに歌いやすかったのは初めてです。 」 (感慨深げに)
「アナタの演奏には、心がある。 」  (「アナタ」のところに心をこめて)
「そう、”スンダラ・ダマ”のような・・・・・」 (ここポイント!試験に出ます)
みたいに、美辞麗句を並べ立てて褒めちぎってくれる。

私は「いえいえ」謙遜しながらも、「ありがとうございます」と頭を下げ、
とっても低姿勢でお礼を言っている。
その私は、控えめで、実物とは雲泥の差があるヒトだった。

そこで目が覚めた。

えーーーーーーっ!?
なんの欲望?なんのストレス?
夢占いで調べたら、知りたくない今のココロなんてのが出てきそうで、
なんだか、あんまり考えたくない(^^;

でも、待てよ・・・。

何か神のお告げかもしれない!!

夢のことってすぐに忘れる。
忘れちゃいけない。
 (スンダラダマ、スンダラダマ・・・)
忘れないように心の中で唱え続ける。
顔を洗う時も、(スンダラダマ・・・)
猫にゴハンも、(スンダラダマ・・・)

で、忘れないうちに、PCの電源を入れ、
ググってみました。

『スンダラ・ダマ』












・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やっぱり、そんなものはなかった(^^;

だいたい、私ってそういうお告げ的なものには、 縁遠い。
霊感も全然ないし。

♪スースースーダラダッタ、スラスラスイスイスイ・・・

『スンダラ』という言葉から想像したのは、そのフレーズしかない。
あっ、伯父か伯母の顔をしていたのは、植木等? 
あっ、谷啓っぽかったかも。

とにかく、スンダラなんて聞いたことない。

でも、あった。
ググってみると、インドにスンダラ地方っていうのが、あった。

何だそれ?





        くだらなくて、すみませんm( _ _ )m

****************************

以上、mixiで書いたら、思いのほかウケたので(^^;
こちらにも載せてみました。
お葬式の夢なので、不謹慎かもしれませんが、
夢ということでお許しを。

あっ・・・・ヒカナイデクダサイネ

それにしても、夢って本当に不思議。
自分では覚えていなくても、
無意識のうちに脳が覚えている記憶が、夢で甦ったりすることも
あるのだろう。
でもそれにしたって、とても自分の脳が創り上げたとは
思えない世界に連れて行かれる(^^;

ということで、夢って不思議、の巻。
さぁ、皆さんもご一緒に♪
「スンダラ・ダマ」
[PR]

by ramnon | 2008-02-08 16:11 | 雑記

更年期

今回は、ちょっとくだけてみます。
ramnonさんの場合、くだけたバーション、ふざけたバーションもありです。
実は七変化な女です。

どうも、真面目な記事が続いているし、
ここのところ、暗いので、
私は真面目で一生懸命な人間に映っているに違いない。

確かに、自分では本質的には真面目な人間だと思うんだけど、
結構いいかげんで不真面目だし、テキトーだし、
ふざけた人間でもあります。
よかったら、リアル友、
私の評判が下がらない程度に、ここで証明してください(笑)

さて・・・

下の記事に更年期だとカミングアウトし、
そういう時期なのだから仕方がないとも書いた。

でも、仕方がないんじゃなくて、
やっぱり努力はしなくちゃいけないんじゃないか?
と思った。

無理してがんばるっていう努力じゃないっす。
少しでも更年期なるものを緩和させ、治す努力。
とにかく更年期ってヤツは、
身体に出る症状だけならともかく、
精神的な症状は、ホントにつらい。
やわらげられるものなら、やわらげたい。

大豆イソフラボンとかのサプリメントを飲むとかサ、
恋をするとかサ、
ま、いろいろサ。

恋するのは、女性ホルモンにとってもいいらしい。
でも残念ながら、今、恋する相手はいない。
はっきり言って、ここ1年半は相手がいないし、
ときめく人もいない。
もうこれでおしまいかという気もしているけれど、
それもつまらない。
まだ、恋する気かって?
できればしたいんですが・・・
   ・・・ワルイデスカ? ナニカモンダイデモ?

脱線してしまったが、
とにかく私にはそういう、身体の不調を治そうとか、
運動不足を解消しようとかいう努力が足りない。

ということで、思い立って、
電話一本で家まで来てくれる整体士さんに電話をして、
久々にカイロプラクティックを受け、
頚椎のずれと骨盤のずれを矯正してもらった。

で、インターネットで「更年期」をググって検索!

世の中、本当に便利になったもので、
インターネットのお陰で、すぐにいろんなことが調べられる。

でも、このメディアというのも怖いもので、
正しい知識を身につけるつもりが、
下手に信じ込んでしまうと、
誤った知識を埋め込まれることにもなる。

テレビも嘘ばっかり!ということが多過ぎて、
一度、疑ってかかったほうがいいくらい。
(疑い深くなるのも考えものよね。)

メディアを簡単に信じてはいけないと思うと、
自分自身の真実を見極める目というのが、
問われてくるわけで・・・。
これまた難しいお話。

で、そんな大げさなことじゃないんだけど、
更年期によいという大豆イソフラボンも、
サプリメントで摂ると、過剰摂取の恐れがあってよくないと
書いてあった。

ええ!!そうなの?
嘘なの、ホントなの? どっちなのぉぉぉ!?
わっかんなーーーーーーーーいっ!

こんなふうに、知識を深めようと勉強してみないことには、
真実を自分で見極めるのは、難しいよね。

で、大豆イソフラボンは分からないのでこっちにおいといて・・・
ローヤルゼリーは確かにいいらしい。

じゃ、とりあえず・・・と、楽天でローヤルゼリーを検索すると・・・

たくさんありすぎて、どれを選んだらいいか、
やっぱりわかんなーーーーいっ!!

ネットショッピングも、数ある商品の中から選べるし、
家にいながらにして買い物ができるんだから、
すごく便利なんだけどネ。

サプリメントは、最近、ドラッグストアだけでなく、
コンビニにもおいてあるし、
あまりに手軽にあり過ぎて、食品感覚。
「ホントに効くのかな?」とか、
「逆に身体に毒じゃないのかな?」とか、疑い深くなる。

ってなことで、ローヤルゼリーなど、
これがいいよ、っていうお勧めがあったら、
どなたか教えてくださいm( _ _ )m


・・・にしても、
検索してみたら、あちこちに更年期の掲示板があって、
少し覗いてみたら、
自分と同じように精神的に苦しんでいる人たちがたくさんいた。

私の周りは、同年代でも私のように苦しんでいる人ってあんまりいないので、
なかなかわかってもらえなくて、
実のところ、それも落ち込みに拍車をかけていたんだよね(--;)

同じように苦しんでいる人がいるって知るだけで、
ちょっとほっとするなんて、
いいような悪いような・・・。 

そんなわけで、気力を取り戻すためにも、
更年期を治す気力を持たなくちゃ、です。
[PR]

by ramnon | 2008-02-01 22:34 | 雑記
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30