<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


今日のセンセ

私の仕事は、ピアノとエレクトーンのセンセです。
先生と名のつくほど立派なものではないので、センセ。

4月の発表会に向けて、追い込みに入っている時期。
追い込みといっても、最後の仕上げといったレベルではなく、
まだ途中までしか弾けていなくて、
「今、ここまでしか弾けてないと、発表会までに間に合わないでしょ!」
と、生徒のお尻をたたく時期。
本当に間に合わないと困るので、その他各種の準備の遅れもあり、
(ブログ書いてる場合じゃないんです、ホントは^^;)
ストレスが服着てる、ってな感じで、イラついている今日この頃。


先週、所属する組織で、講座があった。
講師の先生は、レッスンに創意工夫があり、気取りがなく面白い上に、
実力と才能と指導力と、何よりパワーと情熱のある素晴らしい先生。

前回、組織の会員さんにとても好評だったので、
前回の続編を、と依頼した講座。
今回、その先生が自分と同い年であることを知り、
親近感と同時に、ああ、同じだけ講師生活続けてきても、
こうも違うもんだ!と、最初からかなうわけない相手だけど、
みごとに完敗!
あたしゃ、何やってきたんだろ?と思うものの、
最初から張り合えるレベルじゃないので落ち込みはない。

その先生の影響で、いつもより生徒から離れたところで、
いつもより広い視野で、生徒の欠点を探す。

欠点ひとつ直すだけで、音って変わってくるのだ。
音に対する生徒の気持ちも。
見えていなかったものが見えてくるだけで、
音楽はもっと楽しくなるのだ。

で、その先生から伝授されたことを、いくつか生徒に実行してみた。
口で言うだけではなく、身体を使ったレッスン。
頭ごなしに言うのではなく、心と身体で理解できる説明。
生徒も、口で言われるだけよりも、いつもより納得したのが分かる。
身体を使うと、心も生徒と近くなり、
なんだか嬉しかったし、楽しかった。
じゅうぶんな手ごたえを感じたので、
これからは、身体を使った体育会系センセを目指すことにした、うん。

で・・・
そしたら、それでなくとも間に合わない進み具合なのに、
特別レッスンのために、先に進めなかった子が何人かいた。
何やってんだ私?

でも、遠回りはもしかしたら、近道なのかもしれない。

寄り道をしたほうが、歩き続ける楽しさを見つけられることだってある。

それでも、遠回りは難しい。
時間や労力の無駄使いに過ぎないことだってある。
遠回りをしたら、それだけ得るものがなければ、
近道にはならない。
教えることだって試行錯誤。
でも、遠回りを試す時も、与える側として必要なのは、
信じる気持ちと情熱かな。

ゆとりと情熱、
最近、忘れかけていた物。
[PR]

by ramnon | 2008-01-28 21:58 | 仕事

喫茶店

前もって言っておくと、
あんまり面白くもない長い文です(^^;

昨日、カーラジオから流れてきた、
スティービー・ワンダーの「サー・デューク」を聴きながら、
ああ、若い頃聴いた音楽ってやっぱりいいなぁ、と、
安心感を持って口ずさんでいた時、
ふと若かりし頃の、喫茶店でのバイトを思い出した。

皆が進路を決めている高3の10月、
進学か就職か決められずにいた。
そんな時期(10月)に突発的に思い立って、
私はなぜかエレクトーンというものを習い始めた。
習い始めてみると、これがなかなか面白く、
一ヶ月も経たないうちに、
「私はこれを勉強しよう!」と、やはり突発的に決意した。
私の人生、いつもこうだ(^^;

で、指導者養成のための専門学校があることを知ったものの、
試験は、12月。
習い始めたばかりで、当然受験レベルにも達していない。
というわけで、一年浪人して、猛勉強&猛練習した。

その浪人時代にバイトをしていたのが、
コーヒー専門の小さな喫茶店。
コーヒー各種と、飲み物は他にはココアとオレンジジュースくらいだったかな?
食べ物は確かトースト類しかなかったと思う。

独身のマスターはその頃、40代くらいだっただろうか?
ちょっと変わり者の風情を漂わせていたが、
出すものすべてにこだわりを持った人だった。
コーヒーが美味しいことで有名だったが、
高校生だった時の私たちにとっては、
100%のオレンジジュースが美味しいと有名だった。
ハムトーストはハムに、チーズトーストにはチーズに、
やはりこだわりを持って上質のものを使っていた。

常連さんが多かったが、殆ど毎日訪れる常連さんも
何人もいた。
殆ど毎日、だいたい決まった時間にお一人で訪れ、
注文するものも決まっていた。
(というか、常連さんの注文はいちいち聞かなかったな。)
その常連さんたちには、常連さん専用のコーヒーカップがあった。

ワーゲンに乗ってくるイタリア人のような顔立ちの美しいバーのママ、
土建会社の社長、近くのロシア料理店の料理人などなど・・・
めがねをかけたインテリタイプのあの男性は、
職業はなんだっけ?(うう・・・思い出せない。)
様々なタイプの人がいた。
今思い出すと、あの喫茶店はドラマみたいな場所だった。
一人の人間の、人生のひとときの時間に、その喫茶店はあった。
もっとも、あまりに子供過ぎて、その環境や人間観察を楽しむだけの目は
持ち合わせていなかったけれど。

子供っぽかった私を、バーのママはいつも「うさぎちゃん」と呼んでいた(^^;
いや・・・子供っぽかったからではなく、
うさぎのように可愛らしかったのかもしれない。(オイオイ!)

音楽はいつもジャズが流れていた。
それまでジャズを殆ど聴いたことのなかった私にとって、
それも大人の世界だった。

その時に出会った曲がいくつもある。
特に記憶に残っているミュージシャンは、
ジミー・スミス(オルガン)とウェス・モンゴメリー(ギター)。
一番最初に惹かれたのが、ジミースミスの「キャット」
マスターにカセットテープを借り、(その頃、まだCDなんてなかった)
ダビングして何度も聴いた。

サイフォンで入れるコーヒー、
静かに流れるジャズ、
マスターの顔や、常連さんの顔・・・
すっかり忘れていたのに、
走馬灯のように甦った。

私はバイトをしながら、夢に向かって頑張ってた。

私は以前から振り返ることが好きじゃない。
・・・っていうか、前向きな脳をしているというか(笑
なぜか過去のことはどんどん忘れる。(単にバカなのか?)
懐かしむということも、なぜか好まない。

でも、昨日、車の中で、
久しぶりにその喫茶店でのバイト時代のことを思い出した。
ああ、そんな頃もあったんだな、と、懐かしかった。

過去の中に必ず、思い出したくない過去がある。
それでもいたって前向きな私(?)は、
くよくよと自分の生き方を後悔するのが好きではない。
過ぎてしまったことは仕方がないし、
これからは気をつけようとか、
常に未来を向いて生きてこようとしてきた。
 (・・・といえば聞こえはいいけど、
  ある種の逃げかもしれない。)

ポジティブに生きることには自信があった。
最近、それがうまくいかない。
めちゃくちゃネガティブで、
なんも頑張ってこなかったじゃん!
自分なんて全然ダメじゃん!と、
自己否定になる。
未来に対する希望が見えない。

でも、こんな時、過去の自分を探してあげるのも悪くない。
たとえば、もう一度頑張ってみようとか、
過去の肯定できる自分を、現在に延長線で考えてみるとか・・・。
今うまくいかなくても、ただ今はうまくできないだけなのだと。

振り返ることも時には必要なのかな?
きっと今はそんな時期なのかもしれない。

・・・と、なんとなく、そんなことを考え、
文字にして残しておきたいと思った。
それで、前の記事に書いたこともあったけれど、
ブログを作ってみようかな?と、やっと重たい腰を上げたわけです。

あっ・・・言っておくと、
私って文章長いです(^^;
知ってる人は知ってます、ハイ・・・。
[PR]

by ramnon | 2008-01-27 21:51 | 回想

とりあえず始めてみます

とりあえずなんとなく始めてみることにしちゃいました。

ずっと、ブログ作るのはためらってはいたんですよねぇ・・・。
長続きする自信がないのが、一番の理由かなぁ。

でも、
こっそりmixiやってるけど、限られちゃうし、
HPもやってるけど、限られちゃうし・・・。

何が限られるかっていうと、
公開範囲とか、見る人とか、
書く内容とかね、まっ、いろいろ。

で、本音らしきものをつぶやく場所があってもいいのかな?と、
それこそ思いつきです。
格好つけて書かず、
ポジティブもネガティブも、出せる場所にしようかな、と・・・。
ブログでそれは、ちょっと危険な感じもするんですけどネ。
まぁ、挑戦してみちゃいます。

仕事が忙しい時期なので、
どれくらい書けるか分からないし、
コメントもどれくらいお返事できるか分からないですが、
よろしくデス。

「とりあえず作っちゃった。どうすんのよ?」
みたいな私(^^;
せめて長続きすることを祈ってみよう、うん。

まだゆっくり設定を見ているヒマもなく、
設定がちゃんとできるのは、
・・・そだな、春になってからかな?(^^;

でも、
せめてタイトルくらい、なんとかしろよ、ワタシ!
タイトルとか、HNとかね、
考えるのがとっても苦手です(>_<)
[PR]

by ramnon | 2008-01-26 21:01
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31