お弁当

お勤めに出て、唯一の楽しみ(?)はランチタイム。
12時が近づくと、嬉しくなってくる(笑)
食欲の季節も手伝って、おなかが空くんです。

最近はもっぱらお弁当。
お弁当を詰めるには、少なくても15~20分は早起きしなくてはいけないので、
ちと辛いんだけど、
お昼の楽しみには変えられない。

低価格のお弁当を注文することもできるし、
食堂や売店もあるし、近くにコンビニもあるんだけど・・・
そこはさすがに、時給で働く身。
なんか、時給を無駄に消費してしまうような、
すっごく勿体ないような気がして、
すっかり弁当持参派になった。
 (まあ、周りも大半がお弁当なんだけどネ。)

ただね、自分で詰めるお弁当、
実はそんなに美味しくない(笑)

そーなんです。
作る』のではなく『詰める』のです。

ゴハンはまとめて炊いたものを小分けに冷凍しておいて、
それをチン。
もうその時点でゴハンは不合格(^^;
やっぱりゴハンは炊きたてでなくちゃ。

おかずは、殆どが出来合いのお惣菜と、
まとめ買いしてあるお弁当用の冷凍食品をチン。

実は、今頃、時代遅れなんだと思うけど(^^;
お弁当用の冷凍食品が豊富なのにびっくりした!
でも、これも、やっぱりそんなに美味しいものではない。

やっぱりお弁当は手作りに限る!
コンビニ弁当や冷凍食品、お惣菜など、
昔に比べたら本当に美味しくなっているとは思うんだけど、
それでも、やっぱり手作り弁当にはかなわない。

炊きたてのご飯を詰めていきたいし、
卵焼きだって作りたいし、
鶏そぼろだって作りたい。
肉詰めピーマン、ウインナー、ミートボール・・・
もちろん、栄養のバランスを考えて、野菜だって入れますよー。

あー、そんなお弁当だったら、
どんなに幸せなランチタイムだろう♪

まあ、専業主婦でない限り、
お弁当にそんなに凝ってはいられないのが普通だと思うけど。
でも、やる人はやるんだろうなぁ。
愛情弁当作っている人に、拍手!!

夜作って、朝詰める手もあるけれど、
これ以上睡眠時間が短くなるのだけはイヤなので、
今のところは、そんな感じ。

それでも、お弁当を食べるのが嬉しい毎日なのでした。


P.S.
 時々、無性にカップラーメンが食べたくなる。
 ・・・が、私の所属している課と、同じフロアで繋がっている隣の課は
 すべて男性。
 そんな中で、カップラーメンの匂いを撒き散らせないし、
 ラーメンすすれない(^^;
 いや、匂いを撒き散らしても、ラーメンをすすってもいいんですよ。
 でもねー、雰囲気ってものがある。
 そのうちできるかもしれないけれど、まだできない。
 ああ、なんて小心者の私。

 家で食べればいいって話じゃない。
 職場で食べたい”カップラーメン
[PR]

# by ramnon | 2008-10-17 22:19 | 仕事

視力

最近、だいぶ目が悪くなっていることに、
薄々気がついてはいた。
それが、事務職についたら、しっかり自覚した(^^;

というわけで、
先日、コンタクトを新調した。

が、出来上がってきたコンタクトを使ってみると、
どうも調子が悪い。

もう一度、検査をし直すと、
コンタクトで矯正しきれないタイプの乱視があるとのこと。
結局、近くも遠くも焦点がしっかり合わない。

近視は進んでるし、
たちの悪い乱視にはなるし、
もうしっかり老眼だし・・・・・・

なんだかもう、散々です(^^;


さて、老眼のお話。

老眼鏡は、もう何年か前に、
薬の瓶などの小さい字が読みづらくなってきて、
老眼を自覚し始めた時に、
とりあえず、いちばん度が低い、安いのを買ってはあった。
安物だから、いかにも老眼鏡。

近くの小さい字は見えにくいものの、
それほど困らなかったので、
その老眼鏡は殆ど使っていなかった。
(針に糸を通す時と、薬の瓶の文字を読む時くらい)

でも、最近、ちょっとやばい。

なんだかね、
どんなにあがいても、老化は避けられないみたいです(--;
仕方のないこととはいえ、
最近の急激な老化ぶりに、
実はちょっと焦りまくっている今日この頃。


というわけで、コンタクトレンズを新調するついでに、
老眼のほうも、きちんと視力を測って度の合ったものを、と思い、
老眼鏡も作った。

それでもやっぱり悪あがき!
老眼鏡に見えないお洒落なものを、と、
店員さんにも見てもらって、
aguis-b(アニエス・ベー)のフレームを選んだ。

d0152319_21282462.jpg


これが、自分で言うのもなんだが、
なかなか似合う(笑)
小1のとても正直に物を言う生徒・Aちゃんに、
「どうかな?」と聞くと、
「可愛い」と言われた(笑)

イメチェンにもなるし、普段もかけていたいくらいだけど、
まだそれほど度が進んでいないので、
近くの文字を見る以外はクラクラする(@@)


コンタクトでは矯正できない乱視も、
メガネなら矯正できるそうだけど・・・。
 近視を矯正するためのコンタクトレンズをつけたままで、
 50センチ以上離れた文字を読むのは、乱視用のメガネ。
 30センチ以内だったら、老眼鏡。

・・・なんて、いちいち変えていられないでしょ!!

ということで、勧められた乱視用メガネは見送ることにした。
しょうがない、この焦点の合わない世界に慣れるしかなさそうで、
もうトホホです・・・。

まぁ、乱視は想定の範囲外だったけれど、
老眼は、来るべきものが来たといったところでしょうか。
老化をできるだけ食い止めつつ、
老化とも、うまく付き合っていかなくちゃね(^^;

若々しさを少しでも保っていきたいけれど、
若ぶるのではなく、どう年を重ねていくか・・・
勝負はこれから始まるのかも。
[PR]

# by ramnon | 2008-10-13 21:34 | 日常

10月の富士山

日にちは変わっちゃいましたが・・・。

朝、いいお天気で、
「F1日本GP初日、いい天気じゃん!」と嬉しくなったので、
通勤途中に富士山をパチリ。

d0152319_1323380.jpg


で、職場(4F)の窓からも1枚。

d0152319_1324750.jpg



暖かい一日だったけど、
これから富士山も雪化粧していく季節になっていく。

秋だなぁー。
[PR]

# by ramnon | 2008-10-11 01:41 | 日常

いよいよあさってから!

今日、仕事の帰りにスーパーで買い物をしていたら、
外国人男性が数名、ビールやら果物やらを、
何箱もまとめ買いしていた。

・・・・・・・
キ・・・キター!!

F1のレーシングチームの方々ですよぉぉ!!

そういえば、昨年もこの時期に、
市内各所のスーパーに、各チームのスタッフが出没したそうで、
そのハンパではない豪快な買い物ぶりを、
噂に聞いていた。

・・・・・
恥も外聞もなく告白しよう!
私は天下の田舎者です(笑)
そして、今さらですが、
かなりのミーハーです(^^;

その外国人たちがめちゃくちゃカッコよく見えたし、
(って実際にカッコよかった。)
レーシングチームの方々だと思うと、
買い物をしているのを見るだけで、
嬉しくって仕方がなかった(^^;

それだけでボルテージ上がってきましたよ~。
いよいよです、F1。
天気予報では、金曜日は雨が降りそうだけど、
決勝の日曜日は、どうにか晴れそう^^
[PR]

# by ramnon | 2008-10-08 23:58 | 日常

いい感じです

仕事の話です。
長いです。
散文的です。
ダラダラです。
・・・あしからず(^^;


とりあえず今の課は、
9月いっぱいまで一ヶ月という約束だったんだけど、
引き続き3月まで契約を伸ばしてほしいと頼まれ、
12月まで契約を伸ばすことにした。
(3月まででもいいんだけど、様子を見たいので)

一ヶ月が過ぎ、二束のわらじ生活にもすっかり慣れた。
明らかに以前のスーパーでのパートよりも、
拘束される時間は長いのだけど・・・
こちらの仕事のほうが自分に合っているのだろう、
生活のリズムは、本当にすぐに慣れた。



若い時から、何を勘違いしたのか、
”普通”になることがイヤだった。
”人と同じ”がイヤだった。
だから、少しだけ得意な音楽の道に進もうと思った。

そんなに音楽がやりたかったのか?と言われたら、
実は違ったように思う。
すごく得意だったわけでもない。
ただ、何か人と違ったこと、
打ち込めるような、特別なことがやりたかった。

一般的ではない職業、
一般的ではない時間帯の仕事。
自分の好きなことを手に入れられたのは、
本当に幸せなこと。

wakuさんではないけれど、
なりたい自分になったのだ。

そんな生活を長く続けていると、
勝手なもので、
今度は一般的な生活に憧れるようにもなった。


今、その一般的なお勤めがすごく新鮮だ。

朝、出勤する感覚。
夕方、仕事が終わる感覚。
そんな、たぶん当たり前であろうことが、
新鮮で楽しい。
他の人々と同じような体験ができる心地良さ、
とでも言ったらいいんだろうか?

以前、事務の仕事やスーパーで働いた時も、
新しいことへのワクワク感はあったけれど・・・
なんていったらいいのかな?
ピッタリと肌に馴染むような、
穏やかな新鮮さ。

たぶん、比較的大きなオフィスで
働かせてもらっているからなのだと思う。
その職場の空気そのものも楽しめている。

しかも、家に帰ってきてからレッスンをするのも楽しい。
今までよりずっと楽しい。
二束のわらじがちっとも苦痛ではない。
 (ただ、自由になる時間が殆どないのと、
 睡眠時間が少ないのがたまにきずなんだけど・・・。)

ま・・・この気持ちがいつまで続くか分からないけどネ(^^;
要するに、”まだ新鮮”だから、なのだと思う。

本当につくづく、ないものねだりというか、
”人間”って・・・

いや、違うな。
”私”って、わがままな生き物だと思う。

この嬉しいような感覚は、
高校生の時に初めてバイトして、
大人の仲間入りをしたような気持ちになった時や、
初めて某音楽教室の講師になった時の気持ちに
似ているのかもしれない。

来年には大台に乗ろうという年齢で、
この感覚は、
もしかしたら、すごく幼いし、
なんだかとても甘っちょろいし、
いくつになっても成長できていないということなのかも
のかもしれないけれどネ(^^;


こういう気持ちになれる職場で働けるようになって、
しかも自分がやりがいを感じられる仕事(本職)もあって、
これはきっと、すごく幸せなことだと、つくづく思う。

同じ環境の中で、初心に返ることの難しさ、
新鮮さを失わないことの難しさ。

そんなこと、もともと無理なのかもしれないと思うと、
どこかで、変化をつけていく必要があるということか。
それは、仕事だけじゃなくて、
たぶん、遊びも、勉強も、
いろんなことを含めて・・・。

若い時はそんなふうに日々を過ごしていた気がする。
今頃、思い出した。

でも、そうしたくても、
時間的にも環境的にも、精神的にも、
できない時もあるしね。

前向きになれない時があってもいいし、
前向きなこと、明るいことをよしとするみたいな考え方、
最近、あんまり好きじゃないし、

でも、
もう若くないって思う必要もないし、
今からできることだって、たくさんあるということだし、
いくつになっても新鮮さは感じられるし、
ワクワクもできる。

やっと、またそんな時期がめぐってきた予感。



あ、そうだ!
センスを磨きたいみたいなこと、書いちゃったけど、
今のところ・・・

ユニクロ万歳!(^^;
[PR]

# by ramnon | 2008-10-07 19:12 | 仕事

ライヴ

行ってきました、
SMAPライブin東京ドーム。

2年ぶりのライブ、
自分もどっぷりいい年齢になってきたし、
そろそろそんなにボルテージ上がらないかも、
などと、ふと頭をよぎったりしていたけれど・・・。

そんなのは余計な心配で、
今年もボルテージ上げてきました^^

何よりも高揚するのは、
突然パッと照明が消えて会場が暗くなり、
同時に数万人のペンライトが会場を彩り、
ワー!!という歓声が上がる、
開演の瞬間。

やっぱりいいです、SMAPライヴ。
何がいいって・・・
サウンドがいい、ダンスがいい、
ステージングがいい。(お金かかってます!)
エンターティメント性に溢れた構成がいい。

で、やっぱり何より、
彼らにはパワーとオーラがある。
元気がもらえる。
ライブでの彼らの表情は本当に輝いている。

そんなわけで、ファンクラブ会員のくせに、
普段はそれほどファンというわけでもない私。
同じファンから、石を投げられそうだけど(^^;
やっぱり私は、SMAPのライヴの大ファンです。

今年もサイコーのライヴでした。
ありがとう、SMAP。

d0152319_1423317.jpg


写真は買ってきたグッズ。(の一部)
ハンドタオル、携帯ストラップ、そしてペンライト
[PR]

# by ramnon | 2008-09-27 14:24 | 日常

日本GP

今、市役所の1階にホンダのF1カーが展示されている。
2年前まで実際に使われていたものらしい。
カッコいいです(^^)

d0152319_21272837.jpg


いよいよだな~、日本GP。
全然詳しくはないけれど、F1を見るのは結構好き。

富士スピードウェイは数キロ離れているけれど、
家からは、レーシングカーのエンジンの音が聞こえる。
これは子供の頃から聞きなれた音。

去年は、スタートの時にTVを見ながら、
窓を開けて実際の音を聞いた。
F1の音なんだ~!と思うと、ちょっと興奮した。

でも、昨年から開催地になった富士スピードウェイは、
不手際だらけで、
昨年は失敗だったと言わざるを得なかった。
おまけに悪天候がより不手際に拍車をかけてしまった。

今年は雨が降りませんように!
昨年は不手際だらけだったけれど、
今年は運営がうまく行きますように!

富士スピードウェイの回し者じゃないけど、
やっぱり地元民としては、成功してほしい。
F1ファンからいい会場だって思って欲しい。

秋晴れの空の下、富士山が見えたら最高!
レーサーたちにそんな中で走ってほしいと切に願っている。

そんな私は、今年も家からエンジン音を聞く予定(^^;
[PR]

# by ramnon | 2008-09-24 21:34 | 日常

働き出したら

生活費を補うための二束のわらじなのに、
とりあえず9月分のお給料は、遊び代&洋服などで、すべて消える予定(^^;
ダメじゃんね(笑)

まだ某所で働き始めてから一ヶ月も経っていないけれど、
土・日の過ごし方が、今までとは明らかに違うことに自分でも驚いている。
なんだか、せっかくのお休み、ダラダラしたらもったいないと思ってしまう。

休日に渋滞の列を見ながら、
せっかくのお休みなのに、余計に疲れちゃうんじゃないかな?と思っていたけれど、
(私の場合、仕事柄、混んでいない平日に遊びに行く事ができたからネ)
それでも遊びに行く人々の気持ちが、
なんとなく分かったような気もしている。

先週の土曜日は禁煙サイトのオフ会。
やっぱり、ちょっと前まで心身共に病んでいたので、
病み上がりの感は否めず、いまいち本調子ではなかったんだけど・・・
でも、楽しかったなー。
時間が経つのがあっという間だった。
素敵な仲間との出会いに感謝した夢のような夜だった。
次回のオフ会は旅行を兼ねて!と、早くも楽しみ♪

来週のSMAPのコンサート、初めて外れちゃったけど、
これを見ているであろう、一緒に行くはずだったRちゃん、Cちゃん、ごめん!!
他の友人が、一人行けなくなったと誘ってくれて、
平日に午前中だけ仕事して、レッスンは休みにして、行ってきちゃいます(^^;
  Cちゃん、某ミーティング等には出られないのに、
  SMAPだと仕事、休めるのかって?
  だってね、これだけは外せない(^^;
  某ミーティングでは、くれぐれもご内密にm( _ _ )m

そんなこんなで、遊びにはお金がかかる。

で、もともとの職業柄、服装はいたってカジュアル。
GパンでOKだし、靴はいつもスニーカー。
バッグにもお金をかけない私は、
洋服が何であろうが、季節が何であろうが、
一度買ったバッグは、同じものを平気で2年くらいは持つ(^^;

ところが、ちゃんとした所で働き始めて、しかも制服がない。
ちゃんとした服がない、靴がない、バッグがない・・・・・・。
そんなわけで、まず洋服が必要になる。
通勤に合うバッグや靴が欲しくなる。
女性職員たちの服装が気になって、いつもチェックしてしまう。
オフィスに似合うセンスを磨きたくなる。

某所でお給料もらっても、微々たるものなので、
そんなに余裕はないんだけど、
そんなことにワクワクしている自分がいます^^

・・・・・ということで、今月分は生活費に一円も回せない(笑

ずっとガマンしてきたから、
今月分だけは、パーッと使っちゃいました(^^;
10月からは引き締めなくちゃ。


そんなこんなで、
このまま落ちぶれていくんじゃないかと、自信を失いかけていたけれど、
いい感じで歯車が回り出した気がしている。
[PR]

# by ramnon | 2008-09-21 01:05 | 日常

2ヶ月ぶりです

また2ヶ月以上もサボってしまいました(^^;

夏は死んでた(>_<)
それでなくても暑くてダルダルだったのに、
四十肩だか五十肩だかになってしまい、
腕のダルさは座っていても辛くて、
結局、起きていられなくて、ダラダラ寝てばかりいた。
寝てばかりいたら、筋肉も萎えて、
ダラダラに拍車をかけた。

そんなわけで、今年の夏は最初からなかったものと諦めて、
ダラダラを決め込んだ。

そんな折、8月の末から、
某所の臨時職員として働くことになった。

そうしたら、今度は、とにかく時間がない!!
仕事から帰ってきたら、すぐにレッスンなので、
自由になる時間は、夜10時あたりから寝るまでの間だけ。
でも、くつろげるわけじゃない。
その間に炊事・洗濯、入浴、猫の世話などなど・・・
この時間帯にしかやれないことがたくさんある。

少しでも長く睡眠時間を確保するためには、
できれば12時、せめて1時には寝たい。
ゆえに、仕事が終ってから寝るまでが、もしかしたら一番忙しい時間帯かも(^^;

そんなハードな日々だけど、
メリットはたくさんある。

以前より歩くようになったせいか、体の調子がよくなったとか、
土・日がめっちゃ嬉しい!とか・・・。
まぁ、いろいろ。

あと、やっぱりそういう職場に身を置く事で、
自分が社会に加わっているという安心感。
これは何よりも嬉しいことかも。
独身&本職が個人でやっている仕事なので、
どこか社会に加わっていないという自信のなさがあったかもしれない。
若い時はそれでOKだし、それが自分の自信に繋がっていたんだけどネ・・・
少し揺らぐ今日この頃だった。

春には5つも面接落ちまくったのに、
いつのまにか、とてもいい環境の職場で働けていることに感謝!!

そんなこんなの、この2ヶ月でした。
続きはまた今夜にでも。
[PR]

# by ramnon | 2008-09-20 16:37 | 日常

結婚式

今日はお隣の息子さんの結婚式だった。
結婚式に出るのなんて、久しぶり。
昼間からビールを飲むのも久しぶり(笑)

実は、私は今年から”組”デビューした。
組というのは、都会だと町内会みたいなもの。
私の住んでいるところは、町というより、村だ。(笑)
一軒を構えているものの、実家と近くということもあって、
独り者の私は、今まで組の行事などには参加しなくてもいい扱いだったのだが、
今年から、ちゃんと加わってもらおうということになったらしい。

手始めは、先週の日曜日の草取り&道路清掃。
そして、今日は”組内”として、結婚式に呼ばれた。
ウチのほうは田舎なので、殆どが昔からの家。
長男の結婚式には組内が呼ばれる。

組内のテーブルは男性ばかり。
小さい頃から知っている同世代が殆どだけど、
ご近所づきあいしない私にとっては、なかなか慣れない場所だ。
でも、耳を傾けたり、ちょっと話に加わったりすると、
なかなか面白い。

先週の掃除もそうだったんだけど、殆ど男性ばかりで、
話し相手がいなくてつまらないようでいて、
逆に気が楽なシチュエーションだ。
正直に言って、
独身女にとって、逆に同世代の女性(主婦)の集団は、気が重い(^^;

近所の一つ年下のKくんの息子さん(高校生)がサッカーがうまいということは
以前から聞いていたが、話を聞いてびっくり。
なんと某プロサッカークラブに所属していて(ジュニア)、
なんだかの日本代表だということ。
 (調べたら、U16の日本代表候補のトレーニングキャンプのメンバーだった。)
もちろん、ご近所では有名な話らしいんだけど・・・
そんなことも知らなかったなんて、
なんと地域社会と無関係で生きてきたんだろう(^^;
そのうちJリーガーになって活躍してくれたら嬉しいな。

d0152319_16405072.jpg


結婚式はとてもいい結婚式だった。
お隣の息子さんは、それはいい息子さんだ。
若いのに、とても苦労をしてきているので、
本当によかった、と、心から思える結婚式だった。

花束贈呈でとめどもなく涙を流したのは彼で、
それまで賑やかに場を盛り上げていた地元の消防団の若者たちが、
ボロボロともらい泣きしていたのを見て、思わずもらい泣き。
その涙を流すまでのこれまでの苦労を、彼らも知っている。

ココロは”見てくれ”じゃない。
心の痛みが分かるとか、本当の優しさとか、
人に大切なもの、若いおにーちゃんたちが見せてくれた。
[PR]

# by ramnon | 2008-07-12 16:41
line

まっ、とりあえず・・・


by ramnon
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30